DSC_0501

PINGウッドフィッティングの結果 CASE-5

皆さんこんにちは!

フィッティングスタジオのフィッター村木です。

 

さて、今週もご来場いただいた方々のフィッティング結果のご紹介です。

という訳で・・・

本日は <PINGウッドフィッティングの結果 CASE-5> をお届けします!

 

今回は、ゴルフを始めて一年のY様。
<ご使用スペック>
・モデル:T社9.5°
・シャフト重量:純正50g台前半
・シャフトフレックス:Rフレックス
・長さ:45インチ

【お悩み】アイアンは真っ直ぐ打てるのに、ドライバーのスライスがどうしても治らない!
【ご要望】飛距離平均が180Ydなので、もう少し飛距離が欲しい。
【傾向】右に打ち出して右に曲がっていく大きなスライス。曲がりが大きいので、ボール初速に対しても飛距離をロス。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お悩みを伺ったら、早速フィッティングスタート☆

シャフト長を決める
◆ミートさせやすく、ボール初速の平均値が上がるシャフトの長さ を選びます。

最初に、今お使いの長さに近い45.25インチのシャフトと、少し長い45.75インチのシャフトを打ち比べて頂きました。
さて、ボール初速のバラつきはどうでしょうか??

DSC_0582

・シャフト長45.25インチ:前後4.4m/s(オレンジ)

・シャフト長45.75インチ:前後1m/s(グリーン)

【結果】

45.75インチの方が安定していますね!

ご自身に合ったシャフト長を使わないと?
× 力任せに振り回せてしまうので、ミートさせにくくなる。
×ミートしにくいため、ボール初速がバラつき弾道の曲がりにもつながる。等々

Y様も長いシャフトのほうが当たるなんて!と驚いていらっしゃいましたが、短い方は力任せに振ってしまっている感覚があった、とご納得のご様子。

というわけでシャフト長は、フェイスの芯付近にミートし易くなり、曲がり幅も減少した、45.75インチに決定しました。

 

シャフト重量を決める
◆振り切れる範囲で最も重量のあるシャフト
◆ボール初速のMAXが出る重量のシャフト を選びます

ここでは、今お使いの50g台前半のシャフトと、60g台前半の物を打ち比べて頂きました。さて!結果は・・・

DSC_0586

※重量50g台前半のデータが画像だと平均値になっています。スイマセンm(__)m

ボール初速のMAX数値

シャフト重量50g台前半:52.4m/s(オレンジ)

シャフト重量60g台前半:55.4m/s(グリーン)

【結果】
60g台前半のシャフト・・・ボール初速のMAX!
この後、念のため70g台前半のシャフト重量もお試し頂きましたが、ボール初速のMAXは53m/sまでしか出ませんでした。

この事から、シャフト重量は60g台前半に決まりました。Y様のお悩みの中には、スライスとともに飛距離という事もありました。今まではシャフト重量が軽すぎて、ボール初速が適正に出ていなかった可能性があります!

 

シャフトの硬さを決める
◆ご自身が振り易く感じ、スイングの再現性が高くなるシャフトを選びます。
振り易いシャフトは球のバラつきも抑えられるということですね!

さて、現在Y様がお使いのシャフトはT社純正のRフレックス。Y様はこのクラブ以外をお使いになったことが無いので、これが振り易いのかどうかが分らない・・・と仰っていました。

そこで、しなり感の違う2本をお試し頂き、ご自身のフィーリングと実際の打球のバラつきを比較したところ・・・

DSC_0546

中元調子:TOUR173-65 (オレンジ)

中調子:ALTA J CB(ブルー)

【結果】

打球の集まり方が違います!Y様ご自身も、ALTA J CBを打って頂いた後、シャフトがしっかりとしなってヘッドが返ってきている!(気がする)、振りやすい!と仰っていました。この後硬さの確認の為、フレックス違いも打って頂きました。最も振りやすく感じられ、結果も出たAlTA J CB TSフレックスにシャフトは決定しました。

 

モデルを決める
上の画像を見て頂くと分かるように、バラつきは少なくなったものの、少し右にボールは出ています。お悩みはスライスという事でしたが、お悩み通りの打球が出ています。そこで!登場するのがG400SF-TECです!

ただでさえボールの捕まりが良いG400スタンダードモデルよりも、さらに!(ロボットが打つと)10ヤード前後ボールが捕まるというG400SF-TEC。

スライスでお悩みのY様に打って頂くと、どうなるのか!

 

DSC_0585

現在お使いのクラブ:オレンジ

フィッティング結果のクラブ:グリーン

【結果】

G400SF-TECに変更した事によって、直進性が増し、ほぼフェァウェイの真ん中にボールが集まるようになりました!弾道の高さは問題なかった為、ロフトは10°のモデルに決定しました。

 

 

今回の結果をまとめると・・・

<Y様ご使用スペック>  ➔  <フィッティング結果>

長さ:45インチ➔45.75インチ

シャフト重量:純正50g台前半➔60g台前半

シャフトフレックス:Rフレックス➔ALTA J CB TS フレックス

モデル:T社9.5°➔G400SF-TEC10°

 

このように、シャフトの長さで当て易さ(ミートのさせやすさ)を、

シャフト重量でボール初速のMAX数値を、

フレックスで振り易さとスイングの再現性を、

モデルで左右の打ち出し方向を、

それぞれ適正なものをお探しした結果、極度のスライスが弱フェードに!

平均飛距離180ydが、平均200yd以上に!

Y様のお悩みに対して適正なスペックをお探しする事によって、非常に良い結果を得ることができました!

皆さんもフィッティングで、ご自身の理想の弾道に近づくクラブを探してみませんか?

 

 

 

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。

 

【ご予約状況について】

現在も大変多くのご予約を頂戴しております。

平日は10月11日水曜日以降、土日は10月14日土曜日以降のご案内になります。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/