DSC_0597

PINGアイアンフィッティングの結果 CASE-5

皆さんこんにちは!

フィッティングスタジオのフィッター村木です!

 

さて、今回もアイアンフィッティングの、結果をご紹介をいたします!

というわけで・・・

本日は <PINGアイアンフィッティングの結果 CASE-5> をお届けします!

 

今回のお客様は・・・

弾道が低く、キャリーが伸びないのでグリーンが狙えないと仰るO様。何とゴルフ歴35年!スチールシャフトが重く感じてきていて、カーボンシャフトにするべきか悩んでいるとのこと。
<O様ご使用スペック>

モデル:M社マッスルバック

7番アイアン長さ:37インチ

シャフト種類:NS950GH

シャフトフレックス:S

7番アイアン平均飛距離:キャリー118yd(Total140yd)

実際に今お使いのクラブで打って頂くと、低い弾道となっていて、キャリーでの距離が出ていません。

では、フィッティング前とフィッティング後の比較を見てみましょう!

DSC_0683

フィッティング前:ブルー

フィッティング後:オレンジ

弾道高さが全く違います!バックスピンも適正にかかるようになり、グリーンで止まり易くなった打球にO様も大満足です。

では今回フィッティングの中で、改善のポイントになった項目を、ご説明いたします!

 

アイアンフィッティングの進め方は・・・

①モデルを決める→②シャフトの長さを決める→③ライ角を決める→④シャフトの重さを決める→⑤シャフトの硬さを決める→⑥グリップを決める

です。

今回のポイントは、シャフト重量です。アイアンの場合、弾道の高さはシャフト重量に影響されます。

シャフト重量が軽くなれば弾道が高くなる傾向に、逆に重くなれば、弾道は下がる傾向になります。

 

まずO様が現在お使いのNS950GH Sフレックス(98g)だと・・・

初速:40.8m/s

弾道最高到達点:13yd

飛距離(キャリー):118yd

 

数値として見ても、やはり弾道が低すぎますね!そこでより軽量なシャフト、ZEROS8 Sフレックス(84g)をお試しいただくと・・・

初速:42.1m/s

弾道最高到達点:19yd

飛距離(キャリー):128yd

DSC_0693

弾道も高くなり、初速も向上しました!という事は・・・ということで、更に軽量なALTA J CB Sフレックス(63g)も打っていただくと・・・

初速:44.8m/s

弾道最高到達点:29yd

飛距離(キャリー):136yd

ググッと弾道の最高到達点が高くなりました!

ちなみにこの後、50g台のシャフト重量も打って頂きましたが、今度は初速の低下が見られました。

アイアンシャフト重量選びのもう一つのポイント、振り切れる範囲でなるべく重い物を選ぶ、という事からすると、初速が低下する50g台は少し軽過ぎるという判断になりました。

今回の結果をまとめると・・・
<O様ご使用スペック>  ➔  <フィッティング結果>

シャフト:NS950GH S → ALTA J CB S

初速:40.8m/s → 44.8m/s

弾道最高到達点:13yd → 29yd

飛距離(キャリー):118yd → 136yd

シャフト重量を適正にしたことにより、ボール初速の向上!弾道が高くなり、キャリーの飛距離も伸びました!

 

このように、各項目で適切なスペックをお探しすることにより、O様のお悩みを解消し、理想に近づく弾道を得ることができました!

皆さんもフィッティングで、ご自身の理想の弾道に近づくクラブを探してみませんか?

 

【ご予約状況について】

現在も大変多くのご予約を頂戴しております。

平日は11月2日木曜日以降、土日は11月4日土曜日以降のご案内になります。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/

 

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。