DSC_0898

PINGアイアンフィティング(シャフト重量選び編の結果)

皆さんこんにちは!

PINGフィッティングスタジオのフィッター村木です。

本日は、

PINGアイアンフィッティング(シャフト重量選び編の結果)

を、お届けします!

アイアンフィッティングは・・・

モデル選びシャフト長さライ角シャフト重量シャフトスペックグリップ

の順番で進んでいきます。

今回はシャフト重量選びに関して、先週に引き続きお客様を例にご説明いたします!

 

今回ご来場のお客様、現在のお悩みとしては・・・

・左右方向のバラつきが大きい(特に左が嫌)

・もう少し飛距離が欲しい

との事。

<ご使用スペック>

モデル:T社マッスルバック

7番アイアン長さ:37インチ

ライ角:63°

シャフト:ダイナミックゴールドS200(129g)

7番アイアン飛距離:約140yd

もともとは弾道が高く、飛距離も今よりは10yd近く出ていたの事。ただ、最近弾道が下がってきて・・・シャフトも重く、振り抜きにくく感じる様になってきたそうです。昔のように気持ちよく、高い弾道の出るシャフトが欲しい!というご希望です。

 

ここでシャフトの重さ選びの方法を思い出してみましょう!

①振り切れる(ボール初速が落ちない)範囲でなるべく重い物

②適正な弾道高さが出る物

③「感覚」の良い物

現在のお客様のお話しから、シャフトが重すぎることが考えられますね!

そこで、現在お使いのシャフトよりも軽量のNS950 Sフレックス(98g)を打っていただきます。↓(ヘッドはG400)

DSC_0903

弾道は上がったものの、軽すぎてタイミングが取りにくいとのこと。結果として打球にもバラつきが出ていました。

 

そこでもう少しシャフト重量が重い、モーダス120S(114g)を打ってみると↓

DSC_0904

弾道の高さもしっかり出ていますし、ボール初速も向上しています!なによりお客様の感想として、しっかりとした重さがありつつも、振り切れる感覚がある!とのこと。好感触です!

 

最後に念のため、今お使いのダイナミックゴールドS200(129g)も打っていただきましたが・・・

DSC_0905

弾道が低くなり、ボール初速も低下。重すぎてタイミングも取りにくいそうです。

 

この結果から、シャフト重量は114g前後で決定です!

 

今回までの結果をまとめると・・・
<ご使用スペック>  ➔  <フィッティング結果>

モデル:T社マッスルバック → G400

7番アイアン長さ:37インチ → 36.5インチ

7番アイアンライ角 : 63°→ORANGE( 60°)

シャフト重量:DG S200(129g)→114g前後

 

今回の「シャフト重量」の項目では、適切な重量を選ぶことによって、「ボール初速」「弾道高さ」や、振り抜きやすい「感覚」をお客様の理想に近づけることができました。

皆さんもフィッティングで、ご自身の理想の弾道に近づくクラブを探してみませんか?スタジオでお待ち致しております(^^)/

 

 

【ご予約状況について】
※現在たくさんのご予約を頂戴しており、3月3日までは全てのお時間でご予約の受付は終了しております。ご予約に関しましては、1か月後の同日までの受付とさせていただいております為、本日現在のご予約は3月4日までとなります。ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/

※毎週火曜日は定休日です。

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。