DSC_0994_CENTER

PINGパターフィッティング(モデル選び編)

皆さんおはようございます!

フィッティングスタジオのフィッター村木です。

 

さて今週も引き続き、PINGパターフィッティングの方法をお伝えします!

PINGのパターフィッティングは

①シャフト長を決める②iPING計測モデルを決めるライ角を決めるロフトを決めるグリップを決める

この順番で進めて行きます。

というわけで本日は、

PINGパターフィッティング(モデル選び編)

をお送りします!

 

先ず、iPINGで計測したご自身のヘッドの開閉角度(ストロークタイプ)を見ます。

DSC_0712

※この画像ではセミアーク。

PINGではストロークタイプを3通りに分けています。

・アーク→フェースの開閉が大きい

・セミアーク→フェースの開閉が少しある

・ストレート→フェースの開閉がほとんどない

パターのヘッド特性にも、フェースが開閉が大きい物少しだけする物ほとんどしない物と、3種類に分かれています。

ここでは、

ご自身のストローク特性と、パターヘッドの特性を合わせることが重要となります!

「人と道具」の特性を合わせることで、より正確なインパクトができ、より良い転がりへと繋がっていきます。

PINGのパターはラベルの色分けによって、どのタイプに当てはまるか分かりやすくなっておりますので、参考にしてみて下さい。

DSC_0996DSC_0999

 

次にスイングテンポです。早いテンポのプレーヤーには、軽めのパターヘッド遅いテンポのプレーヤーには、重めのパターヘッドを使用することでストロークが安定します。

この2点(フェイスの開閉度合、ヘッドの重量)から、

この表↓

パターチャート

※画像見にくくてごめんなさい(-_-;)

を見ると、オススメのヘッドの種類がわかります!

モデルの種類は沢山有りますが、打感や構えやすさなども含めて、ご自身のストロークタイプとテンポを参考に選んでみてください!

スタジオでお待ち致しております!

 

 

【ご予約状況について】
※現在たくさんのご予約を頂戴しており、4月4日までは全てのお時間でご予約の受付は終了しております。ご予約に関しましては、1か月後の同日までの受付とさせていただいております為、本日現在のご予約は4月10日までとなります。ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/

※毎週火曜日は定休日です。

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。