DSC_1106_HORIZON

PINGウッドフィッティング(長さ選び編の結果)

皆さんおはようございます!

ピンフィッティングスタジオのフィッター千葉です!

 

本日は、

PINGウッドフィッティング(シャフトの長さ選びの結果編

をお届けいたします。

PINGのウッドフィッティングは、

モデル選びシャフト長さシャフト重量シャフト硬さ→グリップ

の順番で進んでいきます。

今回もシャフトの長さ選びに関して、実際にご来場いただいたお客様を例にご説明いたします!

 

今回のお客様のスペックはコチラ↓

<現在使用クラブ>→<フィッティング結果>

モデル:T社ロフト10° →  G400MAX 10.5°

シャフト長さ:46インチ → 45インチ

シャフト重量:50g台半ば

シャフト硬さ:Sフレックス

平均飛距離:約195yd

現在の弾道のお悩みとしては、どちらかと言えば右に打ち出す事が多く、そこから若干のスライス傾向。意識しすぎると、左へ低い弾道のひっかけが出るとのこと。

 

今回は結果として今お使いのシャフト長から1インチ短い、45インチになりました。なぜこの長さになったのか、見てみましょう!

 

先ず、現在お使いのクラブの長さで弾道測定を行ったところ、距離がばらつき、右方向にボールが散っていました。そこで、現在お使いの46インチの長さから、0.5インチ刻みで短いシャフト長をお試しいただきました。

 

 

45インチのシャフト長まで短くなったところで、ミート率が安定し、右方向へのバラツキも収まり、結果として飛距離もアップしました。念の為、更に44.5インチのシャフト長まで試して頂くと、打点が不安定になり、初速が出にくくなってしまいました。クラブが短くなった分、力任せに振ってしまい、打点が安定しない傾向でした。

 

DSC_1097

 

グリーンが45インチオレンジが46インチのシャフト長です!

このように、クラブフェイスの芯付近にボールをミートし易くなったことにより、飛距離が安定し、結果として右方向への大きな曲りも減らす事ができました!お客様もご納得の結果です!
ウッドフィッティングの内容は多岐(モデル、シャフト、グリップ)にわたりますが、このように1つの項目でもより良い結果を得るヒントが眠っています!

皆さんもフィッティングにいらして、ご自身の理想の弾道に近づくクラブを探してみませんか?

 

 

【ご予約状況について】
※現在たくさんのご予約を頂戴しており、5月14日までは全てのお時間でご予約の受付は終了しております。ご予約に関しましては、1か月後の同日までの受付とさせていただいております為、本日現在のご予約は5月15日までとなります。ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/

※毎週火曜日は定休日です。

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。