ウッドフィッティングSTEP4 (シャフトの硬さ選びの結果)

皆さんおはようございます!

ピンフィッティングスタジオのフィッター村木です。

 

本日は、ウッドフィッティングSTEP4(シャフトの硬さ選びの結果)をお届けいたします。

 

フィッティングスタジオ利用者

40代 男性 右打ち

フィッティング項目

ドライバー

現在使用クラブ

B社 ロフト10.5度 純正シャフト Sフレックス

現在使用クラブの傾向

平均飛距離…210Y

現在の悩み/希望の弾道

硬く振りにくい感じがするが、柔らかいシャフトは打球がバラつくイメージがある

結果

フレックス…Rフレックス(ALTA J-CB R)

平均飛距離…220Y

弾道…左右方向のバラツキが少なくなり、弾道高さも安定

考察

先ず、現在お使いのクラブを振って頂くと、腕力に任せて振っている印象でした。お客様ご自身としても、しなりを全く感じず、タイミングが取りにくいと仰っていました。お話しを伺うと、飛距離よりも打球のバラツキを抑えたいので、自分にとっては硬いシャフトを使っている、とのことでした。

そこで、先ずシャフト重量を決め、シャフトの種類を決めた後、硬さ違いを打ち比べて頂きました。

お客様としては、

柔らかいシャフト=方向にバラツキが出る。

硬いシャフト=方向性にまとまりが出る。

という、先入観(←ココ!ポイントです!)があったようですが・・・

DSC_0541

実際の弾道がコチラ。

グリーンがSフレックスのシャフト、オレンジがRフレックスのシャフトです!

振り比べて頂くと、明らかにRフレックスの方が振りやすく感じる・・・との感想。

結果として、打球がバラつくのではないかと心配していたRシャフトの方が、振り易さ(自然にタイミングが取れる)によって、スイングの再現性が上がり、打球がまとまっています。

このように先入観を持たず、

ご自身の感覚と結果をもとに、お選び頂くことが大切なんです!

 

皆さんもフィッティングにいらして、理想の弾道に近づくクラブを探してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

世界唯一の直営店「ピンフィッティングスタジオ」では、フィッティングによりお客様一人一人に合わせた、カスタムフィッティングを提供しています。アパレルやアクセサリーも、直営店ならではの豊富な品揃えからお求めいただけます。

ご来場お待ちしております。

※フィッティングに関しましてはご予約制となります。http://pingfitting.jp/

 

 

【ご予約状況について】

現在も大変多くのご予約を頂戴しております。

平日は9月11日月曜日以降、土日は9月17日日曜日以降のご案内になります。

 

 

【営業日のご案内】

8月は29日以外の火曜日も営業しております。

尚、8月は24日木曜日から29日火曜日まで夏季休業とさせて頂きます。

ご来店の際はご注意くださいませ。