カウンターバランスパター登場!!

 こんにちは!!
PINGフィッティングスペシャリストのミヤムラです 😀

 

お待たせしました!!
本日は【カウンターバランスパター】のご紹介です♪
ご案内が遅くなり、すみません(>-<)

 

 

今回、新登場のモデルは2つ!!

・【ANSER2 B】セミアークタイプ

img_gallery_putter21[1]

 

 

・【SENITA B】マルチプルタイプ

img_gallery_putter20[1]

どちらも、スタンダードタイプのモデルに比べて、ヘッド重量が約30~40g重い、専用設計となっております!
もちろん、長さ調節機能付き♪ ※36~42インチ

 

今回はヘッドよりもグリップに特徴がございます!!

Image

・特徴
従来の中尺グリップより30グラム軽い、約130グラム!長さは17インチ!!
軽くなっておりますが、グリップエンド部分に約50グラムのウェイトを搭載しているため、手元部分に支点が出来ますので安定!!

構え方ですがお腹に付けたり、グリップエンドを持たず、エンドより約8センチ下から持っていただくのが推奨です!
そうすると、カウンターバランスの効果を発揮できますので!グリップ位置こんな感じで・・・・  モデル フィッター森氏

 

・これにより、グリップエンド部分のカウンターバランスウェイトが支点となり、振り子のストロークが可能に
・中尺を使用していた方で、支点を感じてストロークしたい方に最適
・重たいヘッドですので、オートマチックにストロークしたい方にも推奨 

といった効果がございます♪

 

実際はどうなのか??
皆さんも気になるかと思いますので、フィッターのミヤムラ・森がiPINGで通常タイプと打ち比べてみました!!

まず、ミヤムラから・・・・ ストロークタイプはストレート
通常タイプ、SENITA

通常ミヤムラ

 

カウンターバランスタイプ、SENITA B
カウンターミヤムラ

 

結果は、今まで振ったことがないタイプでしたのでインパクト時のフェース向きは開き気味になってしまいましたが、バラツキはありませんので慣れれば、より安定するかと。
ただ、振り子でストロークがし易くなりますので、フェースの開閉が1度も少なくなりました!!

 

続いて、モリフィッター・・・・ ストロークタイプセミアーク
引っかけがお悩みのようで(>-<)

通常タイプ SENITA
通常森

 

カウンターバランス SENITA B

カウンター森

 

こちらの結果はフェースの開閉度は、ほとんど変わらず。
インパクト時のフェース角は黄色になっているので安定しなくなったように見えますが、ただ数値だけを見ると少ないショットもありますので、こちらも慣れれば安定して引っかけもなくなるかもしれませんね!
後はテンポ!!通常タイプではテンポにバラツキがありましたが、カウンターバランスの振り子作用によって、テンポが安定しました!

 

結果は二人とも効果はバラバラではありましたが、同じように感じたことがありました。それは・・・・・

 

転がりが凄い!!!

 

同じようにストロークしても真っ直ぐ純回転で転がります。
ショート目が多く強く打てない方には、とても良いと思いますよ~ 😎

 

カウンターバランスに興味がある方、パターに困っている方、是非一度試していただき性能を肌で感じてみてください!!
新たな発見がありますよ!!

ようやくDEMOクラブも、ご用意が出来ましたので本社スタジオ及び練習場イベントでお試しいただけます♪

スタジオ予約・お問い合わせは⇒こちら

練習場イベント予定は⇒こちら